桂あいり最新同人「カラミざかり2」のネタバレ、感想と見どころ等を紹介しています。

 

Point
カラミざかり1の続編「vol2」には
内容が同じだけど、

 

・フルカラーだけど未完結の【前編】

・モノクロだけど完結してる「2」

 

の2種類があります。

 

このページでは完結してる「カラミざかりvol2前編」のネタバレを紹介しています。

 

コミックサイトで販売してる【前編】だけ購入してしまうと、
未発売の【後編】を購入しないと完結しません。

カラミざかりvol,2前編 ネタバレ

 

「飯田の処女は貴史が・・・」

 

「俺の方が先に好きだったのに・・・」

 

 

ずっと里帆が好きだったのに
昨日何も言えなかったせいで、

親友に片思いしてる女の子の
処女を奪われてしまった高成。

 

 

落ち込みながら登校すると

 

「昨日は凄かったな!」

 

「血がシーツについてて、母ちゃんを説得するのが大変だった!」

 

智乃とセックスしたあと里帆ともセックスした貴史が、興奮しながら話しかけてきたのでした。

 

 

まわりに他の生徒がいるのに、昨日の行為を大きな声で話していると、

 

「ちょっと止めなさいよ!」

「バカじゃないの!?」

 

顔を真っ赤にしてる智乃と、恥ずかしそうに下を向いてる里帆が立っていたのでした。

 

 

里帆の顔を見るとハダカを思い出してしまう高成。

 

授業が始まっても斜め前に座ってる里帆の姿を見てしまうと、

 

貴史にマ〇コを舐められてる姿と

チ〇ポを挿れられてる姿が

鮮明に頭に浮かんでくるのでした。

 

 

次は男女そろってプールの授業。

 

水着姿の飯田里帆を見ると
より一層リアルに、

昨日の強烈な出来事を
思い出してしまうのでした。

 

 

体育の授業が始まったというのに、
プールにさっきまでいた貴史と智乃の姿はなく、

 

セ〇クスの気持ち良さを覚えてしまった2人は授業をサボって、

男子トイレでセ〇クスしていたのでした・・・

 

 

体育の授業が終わったタイミングで
教室に戻って来た貴史と智乃。

 

 

「智乃と話したんだけどさ」

「今日も放課後・・・」

 

「ウチに集まらないか?」

 

昨日のつづきをするから高成も来いよ。

と誘ってくるのです。

 

 

(え・・・?ということは)

 

(飯田も来るんだよな・・・?)

 

(今日こそ絶対に・・・)

(飯田とセ〇クスするんだ・・・)

 

 

今日、普通に学校に来てる飯田里帆の態度を見て

 

俺だってセ〇クス出来るチャンスはある。

 

絶対に飯田とセックスするんだ!

 

心に強く誓い、
放課後になるのを待ち遠しく思うのでした。

 

 

学校を出てから貴史の部屋に入る前まで

 

(俺は飯田とするんだ・・・)

 

とずっと考えていた高成。

 

 

なのに、

 

「相手はジャンケンで決めようぜ!」

 

高成が里帆を好きだというコトを知らない貴史はまた悪気が無いまま、2人がセ〇クス出来ないようにしてくるのです。

 

 

落ち込んでる高成を見た智乃が

 

「吉野の相手はワタシね!」

 

と声を出し、高成の相手を里帆にしてくれるのでした。

 

 

昨日フ〇ラしてる時に

高成が里帆を見て勃起してるのに気付いていたからでした。

 

 

(仕方ないな・・・)

 

さっき学校で智乃とセックスしたから
次は里帆とヤリたかった貴史。

 

でも、

相手がまた智乃でもセ〇クスしたい気持ちは萎えることなく、

ブラを外して乳首をさわり

反対の手で手マンしていくのでした。

 

 

先にセ〇クスを始めた2人。

その姿をまた、見てるだけの高成と里帆。

 

昨日と同じ状況に
お互い緊張して動けないのです。

 

 

(行けっ・・・)

 

(今日は飯田とするんだっ・・・)

 

何も言えなかったせいで昨日は逃してしまった片思いの里帆とセックスするチャンス。

 

 

処女ではなくなってしまったけど

大好きな里帆と

今日は絶対にセ〇クスしたいのです。

 

 

極度の緊張に襲われながら
勇気をふり絞って手を握ろうとした時、

 

スッ・・・

 

手を離されて拒絶されてしまった高成。

 

 

(なんでだよ・・・)

(貴史はいいけど、オレじゃダメだのか・・・)

 

里帆を思っていた分、
強い絶望に襲われてしまうのです。

 

 

(でも、あきらめる事なんて出来ないっ)

 

最後の勇気を出して
里帆の顔を見てみると、

恥ずかしそうな顔をして高成の顔を見ていた里帆。

 

 

(飯田も同じ気持ちだったんだ・・・)

 

そう確信した高成は
自信を持って里帆を抱きしめ、キスをするのでした。

 

 

(いよいよセ〇クスだ)

と思っていた時、

 

「俺、王様やってみたい!」

 

と言い出した貴史。

 

 

「飯田もこっち来てよ」

 

「んで、2人で一緒に舐めて♪」

 

勃起してるチ〇ポを握って
舐めて欲しいアピールをしてくるのです。

 

貴史にお願いされてチ〇ポを舐めに行こうと、高成から離れて行く里帆。

 

そのままベッドに上って智乃と一緒にフ〇ラしてしまうのでした・・・

 

 

(どうしてだよ・・・)

 

(やっと飯田と出来るはずだったのに・・・)

 

 

またしても貴史に邪魔をされて
絶望と敗北感を感じてしまう高成。

 

 

高成がそんな風に思ってるなんて

気付いていない里帆は、

 

貴史のチ〇ポを握って
サオを舐めてしまうのでした。

 

 

ベッドで四つん這いになり
パンツが見えていた里帆の下半身。

 

高成はパンツから視線を外すことが出来ず、
自然と勃起してヤリたい気持ちはピークに。

 

パンツを脱いで机の上に置いてあったコンドームを装着して里帆に近づき、

 

無言のまま

里帆のパンツを下げていくのでした・・・

 

 

突然パンツを脱がされ
驚いてしまう里帆と、

 

(これが飯田のマ〇コ・・・)

 

目の前でパックリ割れてるマ〇コを見て興奮してる高成。

 

そのままチ〇ポをマ〇コに押し込んでいくのです。

 

 

いくら強く押し込んでも

ムニュムニュした感触を亀頭に感じるだけで、入っていかないチ〇ポ。

 

 

(なんでだ・・・)

 

(なんで入っていかないんだよっ・・・)

 

 

興奮と早く挿入したい気持ちで

はぁはぁ

呼吸は荒くなってしまってるのです。

 

 

何度も無理に挿れられそうになってるうちに

 

「いたいっ」

 

マ〇コに激痛を感じて声を出してしまった里帆。

 

 

「高成!待てよ!」

 

「まだ濡れてないんだろ?」

 

早く入れたくて何も見えてない高成に

 

「待ってろ。俺がビチョビチョに濡らしてやるから」

 

貴史は里帆のマ〇コを指でさわって
濡れてないのを確認。

 

そのまま濡れてないマ〇コを見せつけるように、舐めていくのでした。

 

 

目の前で里帆のマ〇コを見た興奮よりも

(また貴史に奪われた・・・)

と悔しい気持ちになる高成。

 

そんな気持ちを知らない貴史は

 

「俺のも舐めて」

 

シックスナインをするのです。

 

 

チ〇ポを舐めながらクンニされて
気持ち良くなってしまう里帆。

 

そんな里帆を見て興奮しつつも、
やり切れない気持ちになる高成。

 

里帆がイカされる寸前まで
クンニされたあと

「準備できたぞ」

ビチョビチョに濡れてるマ〇コを見せられると、

 

自分を抑えきれなかった高成は

襲いかかるように

チ〇ポを入れていくのでした。

 

 

(なんでだ・・・)

 

濡れてるはずなのに入っていかないチ〇ポ。

 

(はやく・・・はやく入れたい・・・)

 

そう思えば思うほど
焦ってしまうのです。

 

 

貴史と智乃が見守る中、

 

「い、いいよ・・・」

 

チ〇ポを握って穴の前まで誘導してくれた里帆。

 

 

(入った・・・)

 

里帆のマ〇コに入った瞬間、

 

(これが飯田のマ〇コ・・・)

 

(これが飯田とセックスなんだ・・・)

 

高成は今まで抱えていた想いをぶつけるように

高速でピストンを繰り返していくのでした。

 

 

そんな日が続いたあと
夏休みで学校は長い休みに。

 

予備校に通い出した高成以外の3人は
毎日のように貴史の部屋でセ〇クス。

 

3Pをしてる写メを高成に送るのでした。

 

 

(どうして飯田もいるんだよ・・・)

 

 

里帆とセックスしたいのに
行けない自分の環境が憎いのでした。

 

そんな気持ちを抑えきれなくなってしまった高成は、予備校をサボって貴史の部屋へ。

 

 

そこには貴史と2人きりで

貴史の乳首を舐めながら手コキをしてる

飯田里帆がいたのでした。

 

 

「高成、いたんだ」

 

「すげーの見せてやるよ」

 

 

貴史は里帆の股を大きく開き、

マ〇コに入れた指を高速で動かして

プシャァァァァァァ

潮を吹かせたのでした。

 

 

 

カラミざかり2
無料立ち読みはコチラ
♡画像タップです♡

画像タップすると
最安値のFANZAへ進みます



 

カラミざかりvol2前編を読んだ感想

約1年間、待ち続けていただけに

読む前から期待値が上がりに上がっていたカラミざかり2ですが、

 

こんな展開、誰が予想したの!?

 

最高にエロいし、凄すぎるぞっ!!

 

というのが率直な感想です。
ヾ(*´∀`*)ノ

 

「カラミざかりvol,1」を見たあとは、

 

きっと続編の「2」でも

高成は飯田里帆とセ〇クス出来ないで終わるんだろうな・・・

って思っていました。

(主人公だけどそんな雰囲気を出してるように見えました)

 

 

親友に片思いしてる女の子の処女を奪われて絶望して

小さいチャンスは訪れても、

きっと何も出来ないんだろうな・・・

って思ってました。

 

ですが、

そんな僕の予想はあっさりと裏切られ、

高成君は大好きな里帆ちゃんの
2番目にセ〇クスをした男になれたのです。

 

カラミざかり2が凄いところは

この後の展開でした。

 

一瞬、幸せになれたね。良かったね。

 

と思わせておいて

里帆は貴史と智乃と3pを繰り返す毎日。

 

マ〇コは使われまくるし、
何度もキスしたい「あの唇」はチ〇ポを咥える道具と化し、

 

手マンされれば潮まで吹いてしまうエッチな女の子に・・・

 

 

カラミざかり2
無料立ち読みはコチラ
♡画像タップです♡

画像タップすると
最安値のFANZAへ進みます



 

 

→カラミざかりvol2後編のネタバレはこちら

 

前編と後編が合わさったカラミざかり2完全版のネタバレはこちら

 

→カラミざかり2 完全版ネタバレ

 

最後まで
「カラミざかりvol2前編」のネタバレにお付き合い頂き、ありがとうございました。