桂あいりさんの同人漫画「カラミざかり」は、BookLiveコミックをはじめ色んな電子書籍サイトで配信しています。

モザイクが薄くて有名なFANZAでも先行配信されていますが、違いは何なのか?詳しく解説していきたいと思います。

カラミざかり FANZA版の特徴

FANZA版と一般電子書籍サイトの1番大きな違いは、

・モザイク

だと思います。

 

通常の電子コミックサイトで白塗りされてる性器や結合部などが

「-」←こういう棒で隠されてるだけになっています。

(R18となってるだけに、漫画なのに過激に見えてしまうのがFANZA版の特徴です)

 

ちなみに

・セリフや絵は同じ

・カラミざかりの場合はオマケも付属していません。(それだけ本編に自信があるんだと思います)

 

BookLiveコミックのような電子コミックサイトでは販売数は表示されていません。

ですが、カラミざかりの場合は販売本数が表示されてるのも特徴で、

「どれだけ売れてるか?」
によってその漫画の人気を判断することが出来ます。

 

↓の画像はカラミざかりの2019年12月8日現在の画像です。

カラミざかりFANZA

販売数はもうすぐ、12万本になります。
ちなみに「カラミざかり」配信時の1年前は↓の画像です。

 

 

価格は756円ですが、現在50%OFFで購入できるので、もっともっと販売数は増えていくと思います。

 

→FANZA版カラミざかりはこちら

 

カラミざかりを読んだ人のレビューの評価が高い件

FANZAには漫画を購入した人が、漫画の評価や口コミやレビューを書けるコーナーが設置されています。

レビューを書いてもプレゼントが貰える事も無いのに、わざわざ口コミを書くという事は、それだけ「その漫画に対する熱が高い」という事だと思うんです。

(「読んで良かった!」とか「買うなよ!」って、それだけ他の人に教えてあげたくなるほどの熱があったんだと思います)

下の画像は「カラミざかり」の評価の画像です。

 

平均評価が4.74と非常に高評価されています。

ちなみに、

かなり有名なサークルの最新作で販売数が2万を超えていても、評価が3.06なんていう事は普通に起こります。

(どの同人漫画なのか?は言えませんが、3.06点くらいが普通にあります。)

 

この評価を見てみても、

「カラミざかり」を購入した約10万人以上の評価が4点を超えてるというのは、それだけエロくて面白かったんだな!

って思います。

 

僕もFANZAの評価を見て「買ってみよう」と思い、BookLiveコミック版も持ってるのに購入してしまいました。

 

両方を読み比べてみて、

「FANZA版は買って本当に良かった!!」

と思っています。

 

最大の理由は、

BookLiveコミック版では
モザイクで隠されて見えなかった部分が、

FANZA版ではハッキリと見えるから
ヾ(*´∀`*)ノ

 

そして、
FANZAはスマホだけではなく
PCでも読むことが出来るので、

大きな画面で「カラミざかり」を読むことが出来るからです。

(顔の表情とか指の動きなども鮮明に見れるので、大きな画面で見ると新しい発見やスマホでは得られなかった興奮も味わえます☆)

 

BookLiveコミック版は
1話単位で終了してしまいますが、
FANZAでは結末までスムーズに読めます。

(スイスイ読み進められて、ストレスがありません☆)

 

「FANZA版のカラミざかり」は
こちらから購入することが出来ます。

現在は期間限定で50%OFFですが、
気になる方は早めにチェックしてみると良いと思います

→FANZA版カラミざかりはこちら

 

 


FANZAは18禁サイトなので
18歳未満の男子は「カラミざかり」をBookLiveコミックで読むしか方法はありません。

 

こちらのページで「カラミざかり」を詳しくネタバレしているので、「BookLiveコミック版で我慢するか・・・」という方は参考にしてみて下さいね。

 

→カラミざかり2ネタバレまとめ

 

最後まで
「カラミざかりはFANZAで読めるのか?」
にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!